前へ
次へ

レンタル携帯を使えば年末調整も楽々です

今から100年前くらいまでの企業の経営のやり方は、必要なものを全部購入するという購入方式でした。レンタルという方式はありませんでした。ところが今から50年くらい前からレンタル方式が世の中に定着してきました。なぜレンタル方式がこれ程まで世の中に定着してきたのでしょうか。それには大きな理由が隠されていました。100年前の企業の経営のやり方では、必要なものを全部購入するという購入方式でしが、 その場合でも必要経費として認められる場合もありました。ですが大半の申請は却下されました。それだけ企業が購入した備品については必要経費であると認められることは少なかったのです。それらは会社の資産として登録されるだけでした。50年前から流行ってきたレンタル方式にしたら、その状態が一変しました。レンタル会社を通して契約するだけで、企業が年末に行う年末調整が簡単に必要経費であると認められるようになったからです。申請すれば必ず許可が下りるので、それでレンタル方式が増えてきたという次第です。レンタル方式にするのは何も企業の備品だけに限りません。携帯電話もレンタル携帯を使う時代となりました。企業がレンタル携帯を使うことのメリットはとても大きいです。大きな企業であればたくさんの社員が働いていますから、それだの社員の一人ひとりにレンタル携帯を持たせます。仕事で使われる様々な通話は、その費用が月末にまとめてレンタル携帯会社に支払われるということになります。レンタル携帯会社を通すという事が一つのポイントとなっているようです。それだけで企業は特段の努力をせずに年末調整を受けることができるのです。これは例えて言えばサラリーマンが生命保険の年末控除を受けることに比較されます。サラリーマンが生命保険の年末控除を受けることは簡単でしょう。これと同じような状況がレンタル携帯でも発生しているのです。これはレンタル携帯に限ったことではありません。全てのものがレンタルで済まされる時代となっています。

Page Top