前へ
次へ

レンタル携帯でリアルタイムに安否の確認ができます

アベノミクスが失敗に終わったのは間違いないところです。6年に及ぶアベノミクスで利益を得たのは大企業のみです。私達一般庶民はむしろ前の政権の時の方が安心してくらすことができました。円高のため当時は輸入物価が安かったのでそれだけ庶民は楽に生活が出来たというわけです。アベノミクスでは主婦から高齢者に至るまでその命が尽きるまで働き続けることを要求しています。若い年代の主婦はともかくとして、65歳を超えるような高齢者たちにまで、その命が尽きるまで働き続けることを要求するということは、ある面で政治のおごりではないでしょうか。 おりしも国会で爆弾発言がありました。ある大臣がこれからの高齢者たちは2000万円の貯金がなければ豊かな老後の人生を過ごすことができないと明言したのです。 これには普段おとなしい高齢者たちも反発をしました。 SNS サイトなどを中心として大炎上した議題です。こんな状態ですから、今の高齢者は大変な状態に追い込まれているということができます。自分の命は自分で守るしか方法がありません。それで高齢者によってはアパート経営などに乗り出す人たちも出てきています。もうひとつのタイプとしてはすでに十分な資産を保有しているので、それ以上働き続ける必要がない人たちの考え方です。人生の最終章を飾るために、高齢者の夫婦カップルで海外旅行を行う人達が増えてきています。昔は欧米がトップのデスティネーションでしたが、今ではそれらは東南アジアのビーチリゾートなどに置き換えられてしまっています。高齢者の海外旅行で一番大切なのは旅先での安全です。成田を出発する前に必ずレンタル携帯を手渡しておきましょう。レンタル携帯を手渡すことで、日本の家族は安心して暮らすことができます。なぜならば高齢者が保有するレンタル携帯を通して、毎日必要な時間に安否の確認をすることができるからです。レンタル携帯には、電話を受信しても、着信料を支払わなければならないというデメリットがあります。それでもレンタル携帯を使うメリットが大きいということができます。なぜならばレンタル携帯で高齢者達の安否がリアルタイムで確認できるからです。

Page Top