前へ
次へ

レンタル携帯でもいくつかの種類がある

携帯電話会社で契約をすると電話などをする機械が渡されてそれ以降それを使って電話などができます。人気のある機械がある携帯電話会社でしか利用できないときがあり、その時は機械のために携帯電話会社を変更する人もいたようです。携帯電話を利用するのに必要なのは機械本体と通話の基本的な情報が入っているSIMカードで、今はそれらを別々に購入したり契約したりができます。MVNO会社であればSIMカードのみの契約をすることができるためです。レンタル携帯を利用するときはレンタルした後にすぐに使うのを目的とするので本体とSIMカードがセットになった契約が多いのかもしれません。でも今の携帯の使い方に合わせたレンタル携帯サービスも用意されています。まずは通常通り本体とSIMカードがセットになったコースでレンタル料金に通信料などを支払うことになります。本体もレンタルするので故障に備えて補償に入った方がいいときもあります。それ以外のレンタル携帯のサービスとしてあるのが本体のみのレンタルサービスです。こちらにはSIMカードが入っていないので、SIMカードは別途自分で用意します。本体のみをレンタルする用途としては新機種を試しに使いたいとき、今持っているスマホにない機能を使いたいときなどがあります。機械のみをレンタル携帯サービスで利用するときはSIMカードの通信会社が使える機械でないといけません。SIMフリーでも使えないときがあるので注意が必要です。レンタル携帯にはもう一つSIMのみのレンタルができます。このとき本体は自分で用意するので、レンタルと言いながらレンタル料金は本体を借りるときよりも安く設定されています。このレンタル携帯では本体は自分で用意するので本体故障時の補償を考える必要がありません。SIMカードを2枚させるタイプなら本契約分とレンタル分のSIMカードを一台に差して使うこともできます。プライベートとビジネスで使い分けるときに便利そうです。

Page Top