前へ
次へ

レンタル携帯のデメリットを知っておくことも大切です

レンタル携帯のデメリットを知っておくこともとても大切なことです。まず気になるのがレンタルをするたびに電話番号が変わるという点があります。ですがこれは人それぞれであるということができます。電話番号が変わっても気にならないのであれば、それで大丈夫なのです。 それから気になるデメリットとしてはレンタル携帯を外国に持って行った場合ですが、現地で全く利用されない場合にも課金がされます。この点については気になる人たちが多いのではないでしょうか。もう一つ欠点があります。通常携帯電話というものは着信分については課金されません。ところがレンタル携帯を利用した海外での着信では、着信時間にかかる費用を徴収されます。 これが一番私たちの頭にひっかかる点ではないでしょうか。なぜならば携帯電話というものは、受信時にはお金が一切かからないことになっているからです。レンタル携帯を海外で使う場合には、この常識は通用しないことを覚えておいてください。近年若い人たちから高齢者たちまでお正月やお盆を海外で過ごす人たちが増えてきています。これも豊かな日本を象徴するような現象ではないでしょうか。なぜならば豊かな資金力がなければ海外旅行にお出かけすることなど、できないからです。資金力では65歳以上の高齢者が一番です。日本人の保有する資産総額は1800兆円と言われています。そのうちの70%に相当する1400兆円が65歳以上の高齢者によって保有されています。若い世代が保有する資産はわずか400兆円にすぎません。こんなわけで成田空港から海外に向けて出発するカップルも、近年は65歳以上の高齢者たちのカップルが増えてきているというのが現状です。高齢者が海外旅行をするために一番大切なのは旅先での安全です 。残された日本の家族にリアルタイムで安否情報を流しましょう。そのためには成田を出発する前にレンタル携帯の会社と契約して、レンタル携帯電話を持っていくことです。

Page Top