前へ
次へ

レンタル携帯の申し込み書類と提出する理由

レンタル携帯というサービスを利用する場合、申し込みする必要があります。レンタル携帯の業者に連絡して、契約に関する手続きを行う訳です。契約した後に指定の料金を支払えば、携帯をレンタルできる状態になります。ところでレンタル携帯を利用したい時は、書類を提出する必要があります。いわゆる本人確認書類です。そもそもクレジットカードなどを発行する時には、書類を提出する事になるでしょう。いわゆる免許証やパスポートなどを提出して、手続きを進めることになります。それと同じで、レンタル携帯の契約を結ぶ際にも、指定の書類を提出しなければなりません。基本的には、公的機関から発行されている書類であれば、特に問題はありません。ただ1つ注意を要するのは、期限切れです。そもそも保険証という書類にしても、必ず有効期限があります。期限切れの書類をレンタル業者に提出しても、指定の事務手続きを進めることはできません。あくまでも有効期限内の書類を提出する必要がありますから、注意が必要です。またFAXなどで書類を提出する時は、画像が鮮明かどうかも確認しておく必要があります。万が一不鮮明な画像を提出してしまうと、再提出になってしまう事があります。レンタル携帯の即日契約が難しくなってしまう事もありますから、鮮明な画像を準備しておく方が無難です。ところで、レンタル携帯の業者に本人確認書類を提出するのも、きちんと理由があります。レンタル業者としては、万が一の事態を警戒しているからです。例えば第三者が悪用してしまう可能性があります。申し込み者本人でなく、たまに第三者がなりすまし申し込みをしている可能性があります。それでは大きなトラブルに発展してしまいかねません。ですからレンタル業者としては、きちんと本人確認を行っている訳です。ただ本人確認といっても、審査基準はそれほど厳しくありません。少なくともクレジットカードの審査と比べれば、遥かにハードルは低いです。きちんと本人確認書類さえ準備しておけば、スムーズにレンタルできます。

Page Top